施設・構内案内

宮崎県林業技術センターについて

林業を取り巻く厳しい情勢の中、森林・林業に対する多様な要請に応えるためには、21世紀の新しい時代にふさわしい機能と設備をもって、森林・林業に関する高度な試験研究や技術研修・普及、情報の提供等を展開する必要があります。

このため、林業技術センターは

  1. 森林整備や林業振興のための試験研究の拠点とする。
  2. 実践的な人材育成を総合的に行う林業大学校を開講し、開かれたセンターとする。
  3. 森林・林業、林産業に関する各種情報の収集、提供を行う。

この三つの基本方針に沿って業務を推進しています。

施設案内

宮崎県林業技術センターは、センターの管理・運営や後継者等の研修を行う「管理・研修ゾーン」を核に、技術開発を行う「試験研究ゾーン」、森林・林業を楽しみながら学習できる「森とのふれあいゾーン」の3つのゾーンから構成されています。

構内図